●○ プロフィール

happycomecome

Author:happycomecome

●○ 最近の記事
●○ 月別アーカイブ
●○ カテゴリー
●○ カウンター

●○ オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
●○ 最近のコメント
●○ 最近のトラックバック
●○ ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク

--/--/--//-- * 
●○スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



2006/09/26//Tue * 
●○異人たちの館

折原 一さん。
私がよく行く図書館にはあまり文庫本がありません。
取り寄せをしたりすれば手にはいるのですが、文庫本コーナーとしての量は
寂しい限り。
でも軽いのでついつい文庫本で何かないかと物色してしまいます。
そんな中で目についたのがこれ。
「 5つの文体で書き分けられた折原叙述ミステリーの最高峰!」との
ことでしたが、叙述トリックはううんそうだったか、とうなったものもあるものの
やっぱりね、というオチもあったしなぁというところ。
作中作も楽しめました。

異人たちの館


スポンサーサイト


2006/09/26//Tue * 
●○米村圭伍

米村圭伍さんの本、一冊除いてひと揃いです。

風流冷飯伝 退屈姫君伝 錦絵双花伝
紀文大尽舞 おんみつ蜜姫 退屈姫君 海を渡る
エレキ源内 殺しからくり 退屈姫君 恋に燃える 紅無威おとめ組 かるわざ小蝶

もともとは表紙の絵が柴田ゆうさんだったから手に取ったという。(失礼)
読み始めたら軽快な読み口と展開に一気に引き込まれました。
ほとんどの作品が登場人物が重なっていたりして、読めば読むほど親近感がわき、
にやりとさせられる作品たちです。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。


[TOP]
copyright (C) 2006 happycomecome all rights reserved. [ template by *mami ]
//
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。