●○ プロフィール

happycomecome

Author:happycomecome

●○ 最近の記事
●○ 月別アーカイブ
●○ カテゴリー
●○ カウンター

●○ オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
●○ 最近のコメント
●○ 最近のトラックバック
●○ ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク

--/--/--//-- * 
●○スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



2007/12/29//Sat * 
●○JACOB'S CREEK イベント

11月に雑誌「saita」で募集していた
塩田ノアさんに学ぶ「自宅で気軽に楽しむジェイコブス・クリーク」と
いうイベントにラッキーにも当選し、目黒まで行ってきました。

ジェイコブス・クリークというのはオーストラリアのワインブランド
なのだそうです。

P1010193.jpg

イベント会場は目黒にあるキッチンスタジオ。

P1010182.jpg

白、赤、スパークリングロゼに合わせたお料理を教えて頂きました。

P1010186.jpg

白にあわせて「サーモンとほたてのパルマンティエ」
セルクルで層を作るだけで自宅でもレストランのような雰囲気を
作ることが出来る、この一手間でワインを更に美味しく飲めるという言葉に
納得。
セルクルがなければ空き缶の上下をはずして使えばいいのよ♪だそうです。

P1010191.jpg

赤には「チキンのオリーブ煮込み」

P1010187.jpg

スパークリングロゼに「明太子のアクラ風」
このレシピは初めて知りました。
タラのすり身と明太子のかき揚げって感じでしょうか。
明太子を使うのが塩田さんオリジナルだそう。

塩田さんはお料理を作りながらワインもくいっ。
楽しそうに教えて下さいます。

P1010195.jpg

お待ちかねの試食タイム。
どれもワインに合って美味しかったです。

P1010201.jpg

塩田さんと、saita編集長さん、そして
ジェイコブス・クリークの醸造責任者、フィリップ・ラッファーさんの
トークショーもあり、ワイン片手に皆ほろ酔い気分で
それぞれのワインの特徴の話やお料理の話に花が咲きます。

DSC_0699.jpg

帰りにはsaita本誌とフィリップ・ラッファーさんのサイン入り
スパークリングロゼをお土産に頂きました。

オーストラリアワインというと若い頃に飲んだことがあるくらいで
マスカットの香りのするフルーティな白ワインというイメージが強かった自分。
正直長いことオーストラリアワインを飲んでいませんでしたが
今回そのイメージを大きく変えることになりました。

帰ってからお値段を調べてみましたが
お手ごろ価格のワインが多いので、自宅で気軽に飲むにはオススメです。


スポンサーサイト

[TOP]
copyright (C) 2006 happycomecome all rights reserved. [ template by *mami ]
//
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。