●○ プロフィール

happycomecome

Author:happycomecome

●○ 最近の記事
●○ 月別アーカイブ
●○ カテゴリー
●○ カウンター

●○ オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
●○ 最近のコメント
●○ 最近のトラックバック
●○ ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク

--/--/--//-- * 
●○スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



2008/01/26//Sat * 
●○シンガポールチキンライス

P1010243.jpg

シンガポールチキンライスなるものを作ってみました。
中国の海南島からシンガポールに移住した人々が広げたという
シンガポールの伝統料理らしいです。
残念ながらシンガポールに行ったことはないし
お店でも食べたことがないので
本場の味になったかははなはだ疑問ではありますが
それなりに美味しかったです。

以前作った「炊飯器で蒸し鶏」と作り方は基本的に同じなのですが
そのスープでお米を炊き、さらに残ったスープには春雨とポテチを追加して
チキンスープを作りました。
適当に自作したスイートチリソースと、ナンプラーとお酢で作ったソースで
いただきます。

いつか本場のチキンライスを食べてみたいです。


スポンサーサイト


2008/01/06//Sun * 
●○海堂尊さん

ナイチンゲールの沈黙 螺鈿迷宮

前作「チーム・バチスタの栄光」は今年映画化らしいですね。
田口先生が竹内結子さん、白鳥が阿部寛さんという結構意外な
組み合わせですが、これはこれでありかもとちょっと楽しみな
私です。

さて、その「チーム・バチスタの栄光」に続く
田口&白鳥コンビが活躍する「ナイチンゲールの沈黙」。
同時期に展開する「螺鈿迷宮」、
こちらでは噂の姫宮が大活躍しています。
姫宮さん、かなり好きです。
でもちょっと白鳥さんに同情したりして。



2008/01/05//Sat * 
●○恩田陸さん

木洩れ日に泳ぐ魚 チョコレートコスモス 禁じられた楽園 まひるの月を追いかけて
puzzle (祥伝社文庫) 不安な童話 (新潮文庫) 球形の季節 (新潮文庫) 夏の名残りの薔薇
エンド・ゲーム―常野物語 (常野物語) 蒲公英草紙―常野物語 (常野物語)

読み終わった恩田陸さんの本、また一揃えです。
まだまだ読んでない本が沢山。
読後に色々思うことはありますが、読み出すと恩田ワールドに引き込まれます。


2008/01/04//Fri * 
●○2008年お節

昨年と同じオークラ千葉ホテルのお節。
昨年は和のお節には柚子の皮を容器にしてなますが入っており
その柚子の香りにとても感動を覚えたのですが
今年は紙の容器だったのが残念。

お味は昨年と変わらず美味しくいただきました。
洋のお節もあるんですが、バゲットまでお重に入っているのが
なんとなく納得いかなくてまだ頼んだことがありません。
なんだか湿気ってしまいそうじゃありません?

そして容器は昨年のも合わせて4つになってしまいました。
しっかりした容器なので捨てるのも勿体ないんですが
あまり利用する機会もないので困っています。
この容器、毎年再利用させてくれると無駄にならなくて
良いと思うのですが。
以前利用していた中華料理店の場合は年末に容器を持参して
お節を注文すると500円引きにしてくれていました。
ホテルだと難しいのかな。

P1010215.jpg





2008/01/03//Thu * 
●○卵のふわふわ

八丁堀喰い物草紙 江戸前でもなし

題名の柔らかさに惹かれて読んでみました。

夫婦の心が通じ合わないと寂しく感じている主人公のふでは
夫の正一郎との離縁を考えます。
そんなふでを本当の娘のように可愛がってくれるのは
博識な舅であり、食い道楽の忠右衛門でした。
物語にお料理を絡めつつ、江戸時代の庶民の暮らしぶりや夫婦の形を
知ることが出来ます。

全編を通して、思いの通じ合わないもどかしさ、切なさ
そして優しさが感じられる作品でした。



[TOP] next >>
copyright (C) 2006 happycomecome all rights reserved. [ template by *mami ]
//
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。