●○ プロフィール

happycomecome

Author:happycomecome

●○ 最近の記事
●○ 月別アーカイブ
●○ カテゴリー
●○ カウンター

●○ オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
●○ 最近のコメント
●○ 最近のトラックバック
●○ ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク

--/--/--//-- * 
●○スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



2008/04/06//Sun * 
●○お花見

近くの公園に散歩がてらお花見に行ってきました。

お天気も良かったので公園はたくさんの花見客で賑やかです。

DSC_0961.jpg

皆さん思い思いの形でお花見を楽しんでいます。

DSC_0991.jpg


DSC_1020.jpg


DSC_0978.jpg

この公園にはスポーツ施設もいくつかあるのですが
その周りにも桜が植えられていて、桜を見ながらスポーツを楽しむことが
できます。

DSC_1031.jpg

桜以外のお花も綺麗に咲いていて目に楽しい。

DSC_1038.jpg


今年の桜も終わってしまいましたが、来年も又
綺麗な桜が見られますように。


スポンサーサイト


2008/04/04//Fri * 
●○茨城の旅 3

翌日。

朝食をいただいたら「アクアマリンふくしま」へGo!

DSC_0833.jpg

イルカのショーなどがないので地味な印象を持っていましたが
外観も素敵でなんだか入館前からワクワク。

P1010366.jpg

1Fの海・生命の進化コーナーから一気にエスカレーターで4Fへ。
ふくしまの海のコーナーを抜けると潮目の海のコーナーになるのですが
目の前に広がる水槽に泳ぐ鰯の大群が。
その光景に皆が足を止めて見入っています。
私もこれを見ただけでここに来て良かったと思いました。

DSC_0866.jpg

アザラシが一緒に入っているのでアザラシが鰯を追って
食べる姿まで見ることが出来ました。
これって食べ放題?

DSC_0897.jpg DSC_0916.jpg

珊瑚礁で泳ぐ魚は綺麗な色。
親潮にいる魚はやっぱり地味めかな。
そして沢山のホヤに、ビックリ。
まさに海のパイナップル。

DSC_0937.jpg

バックヤードツアーにも参加してみました。
こちらでのバックヤードツアーは随時受付で、人数が揃い次第出発しかも無料。
ここが体験学習施設でもあるためでしょうか。
ありがたいことです。

そして隣接するいわきラ・ラ・ミュウでお土産に
メヒカリや魚の干物を買い、帰宅したのでした。





2008/04/03//Thu * 
●○茨城の旅 2

宿は北茨城市平潟町にあるあんこう鍋、磯料理専門旅館
「魚の宿 まるみつ」さん。
あんこう鍋が食べたくてやってきました。

P1010336.jpg

夕食は大広間でいただきます。
テーブルにつくと、もうこんな立派なお刺身がど~ん。

P1010338.jpg

そして、数あるあんこう鍋を食べられる宿の中からなぜこの宿を選んだかと
いうと、この生のあんこうの肝のお刺身が食べられるからなのでした。
ちょっと生臭いかな、なんて思っていたのですが、全くそんなことはなく
くせもなく、なめらかで美味しかったです。

P1010340.jpg

あんこう鍋。
こくがあって美味しかったです。
皮もぷりぷりしていて美味~。

ibaraki.jpg

他にもメヒカリという魚の天ぷらやカサゴの天ぷら
カレイの煮付けなど魚好きにはたまりません。

この宿はお風呂も温泉で、畳敷きの浴場だったり
海草エキスのでた露天風呂だったりとなかなか楽しめるお宿でした。

茨城の旅 3に続く。





2008/04/02//Wed * 
●○茨城の旅 1

3月末に茨城に行ってきました。

宿は福島との境、平潟町にあるのですがその前に
日本三名瀑のひとつに数えられる「袋田の滝」に行ってみました。

と、その前の前に腹ごしらえ。
奥久慈と言えば「しゃも」。
鶏肉好きの私は奥久慈しゃもを食べられるお店をチェックしておりました。
「弥満喜」さん。
しゃもすきが評判のお店らしいです。

P1010291.jpg

綺麗な色ですよね。
新鮮だからこその色でしょうか。

P1010296.jpg

お肉はさっと火を通すくらいで食べられるとのこと。
内蔵はもう少し火を通して
奥久慈しゃもの卵につけていただきます。
歯ごたえがあって、しっかりした肉質で美味しい!
そして、鶏皮。
鶏皮って軽く焼いたくらいだとくにゃくにゃしてますよね。
それがここでいただいた鶏皮はしこしこしゃくしゃくしてるんです。
歯触りが良くて、臭みもない。
初めての味でした。

さて、お腹も満足したので「袋田の滝」に向かいます。

DSC_0769.jpg

袋田の滝へ向かう途中に泳いでいた鯉のぼり。

DSC_0828.jpg

道路沿いにお土産屋が建ち並びます。

DSC_0783.jpg

地元は桜が満開でしたが、こちらはまだちらほら程度。
でも当日はとても暖かな日で、猫もまったりとお昼寝していました。

DSC_0792.jpg

袋田の滝の展望台へはトンネルを通って向かいます。
薄暗いトンネルをしばらく歩くと急に明るくなります。
突然視界に広がるこの光景は印象的でした。

DSC_0795.jpg

袋田の滝、まず一言。大きいです!
取りあえず行ってみようか程度だったのですが、行ってみたら
そのダイナミックさに感動しました。
しかし、その感動を撮ろうと縦に撮ると横は切れるし、
横に撮ると縦に切れます。涙。
超広角レンズが欲しい。

DSC_0814.jpg

左の展望台の大きさから見ても滝の大きさが分かると思います。

しっかり観光したら宿に向かいます。

茨城の旅 2へ続く。



[TOP]
copyright (C) 2006 happycomecome all rights reserved. [ template by *mami ]
//
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。