●○ プロフィール

happycomecome

Author:happycomecome

●○ 最近の記事
●○ 月別アーカイブ
●○ カテゴリー
●○ カウンター

●○ オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
●○ 最近のコメント
●○ 最近のトラックバック
●○ ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク

--/--/--//-- * 
●○スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



2010/02/10//Wed * 
●○● 古地図と名所図会で味わう 江戸の落語 ●


古地図と名所図会で味わう 江戸の落語 (青春新書INTELLIGENCE)古地図と名所図会で味わう 江戸の落語 (青春新書INTELLIGENCE)
(2010/02/02)
菅野 俊輔

商品詳細を見る


本屋さんでこんな本を見つけました。

先日寄席で落語を聞くまでは、落語は「お笑い」という印象しかなかったのですが
それだけではなかったんですね。
時代小説としても楽しむことが出来るじゃない。
今頃気づきました。わたくし。

時代小説が好きで、地図好きな私。
気がついたらこの本を持ってレジへ向かっていました。

まだ読み始めたばかりですが、古地図や浮世絵を使って
有名な落語の主人公が通ったであろう道のりや
当時の様子を視覚的に楽しむことが出来ます。
それとは逆に、落語の内容そのものは文章で読んだとしても
噺家さん次第で表現のし方が全く変わってくるのでしょうね。
寄席でその違いを聞き分けるのも楽しそうです。

じっくり読みたい一冊になりました。



スポンサーサイト

[TOP]
copyright (C) 2006 happycomecome all rights reserved. [ template by *mami ]
//
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。