●○ プロフィール

happycomecome

Author:happycomecome

●○ 最近の記事
●○ 月別アーカイブ
●○ カテゴリー
●○ カウンター

●○ オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
●○ 最近のコメント
●○ 最近のトラックバック
●○ ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク

--/--/--//-- * 
●○スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



2014/08/09//Sat * 
●○出羽三山神社

今年は出羽三山神社の12年に1度の「御縁年」の年で
参拝するとご利益があるとされているそうで、
さらに、明治以来秘中の秘とされていた出羽三山(羽黒山・月山・湯殿山)の開祖、
蜂子皇子の御尊像拝観(蜂子神社御開扉)があるとのことで
出羽三山神社に行ってきました。

鏡池から三神合祭殿を望む

_DSC9125.jpg

蜂子神社
蜂子皇子の御尊像拝観(蜂子神社御開扉)で
賑わっていました。

_DSC9133.jpg

三神合祭殿

_DSC9152.jpg

末社

_DSC9166.jpg

国宝 五重塔

_DSC9228.jpg

羽黒山はいつ来ても心落ち着く場所です。
杉並木も本当に美しい。
是非一度足を運んで欲しい場所です。
スポンサーサイト


2014/08/08//Fri * 
●○加茂水族館 クラゲドリーム館

新しく建て替えられた「加茂水族館 クラゲドリーム館」に行ってきました。
赤字続きでもう閉館と噂されていた水族館がクラゲのお陰で
今や世界一のクラゲ水族館となりました。
時代と共に消えゆくものが多い中、新しい魅力を見つけ出し
今を渡って行こうとする姿は感慨深く、地元出身としては誇らしくもあります。

_DSC8606.jpg

ちなみに以前の水族館は取り壊される予定ではあるようですが
まだ残っていて当時を思い出させてくれました。

_DSC8716.jpg

クラゲドリーム館との名前は付いていますがクラゲ以外に
庄内の淡水魚・海水魚が展示されています。
こちらは大きなタコ。

_DSC8660.jpg

子亀もいました。
大きな亀もいましたよ。
余談ですが、近くの湯野浜温泉は大きな亀が見つけた温泉という逸話があります。

_DSC8695.jpg

クラゲの成長過程も分かります。
目を凝らすと小さな小さなクラゲの赤ちゃんが泳いでいました。

_DSC8856.jpg

沢山の種類のクラゲが展示されています。
中には世界でもここだけでしか展示されていないクラゲも。

_DSC8741.jpg

最大の見どころは世界最大級・5mのクラゲ大水槽
「クラゲドリームシアター」です。
目の前に経つと不思議な浮遊感となぜか宇宙を感じてしまいます。

_DSC8891.jpg

アザラシやアシカもいます。
こちらはショーの練習中のアシカのゆずちゃんと
お母さんから離れたくない赤ちゃんの美海ちゃん。

_DSC9090.jpg

水族館そばにある灯台。
子供の頃はここも遊び場になっていました。

_DSC8727.jpg

この地域の新しい観光の目玉になるであろう「加茂水族館 クラゲドリーム館」
どうかクラゲのように波に乗って、愛される存在でありますように。



2014/08/08//Fri * 
●○蔵王キツネ村

実家に帰省する途中に立ち寄ってみました。

「蔵王キツネ村」
広い敷地にキツネが放し飼いにされています。

_DSC8361.jpg

精悍な顔つき。
体つきは思っていたよりも細かったです。

_DSC8270.jpg

子ギツネ。
春頃行けばもっと小さい子ギツネを抱っこしたり出来るそうです。

_DSC8366.jpg

おキツネ様だから、やっぱり鳥居が似合います。

_DSC8379.jpg

何に注目してるの?

_DSC8495.jpg

餌を争って喧嘩中。
結構アチコチで喧嘩してます。
飼育されていてもワイルドです。



[TOP]
copyright (C) 2006 happycomecome all rights reserved. [ template by *mami ]
//
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。