●○ プロフィール

happycomecome

Author:happycomecome

●○ 最近の記事
●○ 月別アーカイブ
●○ カテゴリー
●○ カウンター

●○ オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
●○ 最近のコメント
●○ 最近のトラックバック
●○ ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク

--/--/--//-- * 
●○スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



2007/02/16//Fri * 
●○ネクロポリス

ネクロポリス 上 ネクロポリス 下

恩田陸さん。
知り合いの姓と一緒だったのでなんとなく名前だけは印象に残っていて
いつか読んでみようと思っていた作家さん。
様々なジャンルを書かれている方のようです。
図書館に数冊あった本の中で私がひかれたのはこの「ネクロポリス」でした。

まず残念なのは、本の世界に入り込めないというか、しっくりこないというか。
日本の風習と英国の風習と混じり合っている島で毎年行われている行事「ヒガン」中
連続殺人事件が起こり、それに人々が巻き込まれていくというお話しなのですが
この日本の風習と英国の風習の混じり合い方に微妙に違和感があるんです。
読んでいる間どうにも座りが悪い感じ。
作中の設定はとても興味深いので前半にもう少しこの世界の説明があれば
もっとしっくり入り込めたし、もっと楽しめたのにと思うと残念です。
それでも読んでいる最中はとても面白く読みました。
ぐいぐい読ませてくれて・・・それで
あのオチはどうなのかなぁ。
最後の最後、含みを残した終わり方は全然ありだと思いますが
今回の事件の落とし方を綺麗にまとめすぎている感じ。
でもこの世界観は好きです。もっと読みたい!
続編に期待です。(あるの?)

ところで、後半シノダ教授が行きたかったという場所は何処だったのでしょうか?



Comments on this preview ○●    









ブログ管理人にのみ表示を許可する


trackback
trackback_url
http://0happycomecome0.blog74.fc2.com/tb.php/109-c00b9ef3

[TOP]
copyright (C) 2006 happycomecome all rights reserved. [ template by *mami ]
//
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。