●○ プロフィール

happycomecome

Author:happycomecome

●○ 最近の記事
●○ 月別アーカイブ
●○ カテゴリー
●○ カウンター

●○ オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
●○ 最近のコメント
●○ 最近のトラックバック
●○ ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク

--/--/--//-- * 
●○スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



2008/05/20//Tue * 
●○飯坂温泉 御宿かわせみ 3

夕食は仲居さんがテーブルに白いテーブルクロスをかけるところから始まりました。
皺のないようにすがすがしくかけられます。

P1010535.jpg

献立。
こちらの宿が有名な理由はなんといってもお食事なので
これから運ばれてくるお料理にワクワクです。

DSC_1166.jpg

ギネス好きな私が注文。

あとはお料理を見ていただければその盛りつけ、器だけでもどれほどのものか
分かっていただけるのではないかと思います。

DSC_1149.jpg

kawasemi1.jpg

P1010550.jpg

DSC_1190.jpg

kawasemi2.jpg

P1010569.jpg

kawasemi3.jpg

食事始めから終わるまで二時間半くらいだったでしょうか。
とても素晴らしい時間を過ごすことが出来ました。
みな品のある味というのでしょうか。
舌の肥えてない私でも違うなぁと思わせるお味でした。

夜食にとおにぎりも頂きました。
小さなかわいいおにぎりがまた美味しかった。


ここからは朝食です。
朝食も手は抜かれていませんね。
海苔は炭で軽くあぶるようになっています。

P1010660.jpg

P1010669.jpg

P1010672.jpg P1010677.jpg

食後はまたお風呂に入ったり、庭を散歩している鴨たちを眺めたりと
ゆっくりとした時間を過ごしてチェックアウト。
お値段もそれなりのお値段なのでなかなか何度も伺える宿ではありませんが
またいつか再訪したい宿として心に刻まれた宿になりました。




Comments on this preview ○●    









ブログ管理人にのみ表示を許可する


trackback
trackback_url
http://0happycomecome0.blog74.fc2.com/tb.php/175-2d2237a9

[TOP]
copyright (C) 2006 happycomecome all rights reserved. [ template by *mami ]
//
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。