●○ プロフィール

happycomecome

Author:happycomecome

●○ 最近の記事
●○ 月別アーカイブ
●○ カテゴリー
●○ カウンター

●○ オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
●○ 最近のコメント
●○ 最近のトラックバック
●○ ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク

--/--/--//-- * 
●○スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



2006/10/06//Fri * 
●○福島の旅

9月に鶴岡の実家に帰省する途中、結婚記念日の思い出にと福島に
一泊してきました。

まずはあぶくま洞。
私は小さい頃に家族旅行で来たことがあったのですがそれからン十年。
入り口に向かう坂道やその坂道も夏だったせいか結構混んでいて
なかなか入場できなかったことなどおぼろげな記憶があるのですが、
行ってみたら当時のままで、なんだか嬉しくなってしまいました。
洞窟の中はひんやり。
途中で道が分かれていて、私たちは探検コース(追加で200円)を選択。
非常に狭い坂道や屈みながらでないと通れない道などまさに探検気分でした。

あぶくま洞 あぶくま洞


その後宿にチェックイン。
今回の旅はあまり観光に力を入れずに、宿でゆっくりしようと決めていたので
早めに入りました。
宿は磐梯熱海温泉にある「離れの宿 よもぎ埜」です。
以前雑誌で見て覚えていたのと、ネットで評判を確認してこちらにしました。
客室13室、各室離れのお宿です。
入ってすぐにこの景色に圧倒。
庭園の緑が映えてとても美しかったです。
この景色を眺めながらウエルカムドリンクをいただき、
チェックインの手続きをしました。

よもぎ埜


室内の様子はこんな感じ。
広々として、マッサージチェアまでありました。

よもぎ埜 よもぎ埜


お部屋では手作りの栗ようかんとお茶をいただいてしばし休憩。
その後大浴場と露天風呂に向かいました。
残念なのは大浴場と露天風呂は離れているために、一度浴衣を着て向かわなければ
いけないこと。それでもタオルなどはすべてそれぞれにたくさん用意されて
いるので何も持ち歩く必要がないのはとても楽ちんでした。

露天風呂はもう一つあります。
茶庭に面した「庭風呂」は日本一小さな露天風呂。
「虫の視線で自然をお楽しみ下さい。」
とのコメントで楽しみにしていた露天風呂はこんな感じ。

よもぎ埜


本当に一人がすっぽり入ったら満員の露天風呂。
これが妙に落ち着くお風呂でした。
奥に数人が入れるくらいのお風呂もあるのですが、こっちの方が気に入りました。
家でこんなに小さいお風呂だったらきっと気が滅入るのでしょうが
お風呂は小さくてもまわりが開放的だと逆に落ち着くというのも面白い。

夕食まではまだ時間があるので宿の中を散策。

よもぎ埜


この宿には図書室があって、自由に借りることが出来ます。
コーヒーのセルフコーナーもあって、しばしこちらでまったりとさせていただきました。
本もお借りしてお部屋に戻ります。
私もこんな書斎が欲しい~。

お待ちかねの夕食です。
評判のお食事だけあって、一品一品手をかけてあって本当に美味しくいただきました。
お酒は私たちが利用したプランの特典としていただきました。
夜食用にとおにぎりまで用意してくれます。

よもぎ埜



この時に結婚記念日の旅行ということで
とても素敵なビアカップまでいただきました。

とても大満足な一日目でした。が、
借りた本が面白くて深夜までかけて読んでしまい、ちょっと寝不足なのは
自業自得。


Comments on this preview ○●    









ブログ管理人にのみ表示を許可する


trackback
trackback_url
http://0happycomecome0.blog74.fc2.com/tb.php/93-39ad44d7

[TOP]
copyright (C) 2006 happycomecome all rights reserved. [ template by *mami ]
//
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。