●○ プロフィール

happycomecome

Author:happycomecome

●○ 最近の記事
●○ 月別アーカイブ
●○ カテゴリー
●○ カウンター

●○ オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
●○ 最近のコメント
●○ 最近のトラックバック
●○ ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク

--/--/--//-- * 
●○スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



2006/10/08//Sun * 
●○酒田散策

実家に帰ってきました。

しかし、実家に帰ってきてもうちの家族は皆忙しくしていて
昼は相手にしてもらえないので(笑)ぶらぶらと出かけてきました。

とびしま


ここは最近有名らしい酒田港にある「海鮮どんや とびしま」
家族から人気があるから早めに行った方が良いというアドバイスを受けて
11時半位に着きましたが、もうかなり並んでました。
一瞬諦めようかと思いましたが、気を取り直して並びます。
それでもてきぱきとした店員さんのおかげもあってか
30分は待たずに席に着くことが出来ました。

とびしま


私たちが注文したのは数量限定の板前おすすめ膳と舟盛り膳。
売り切れになったらどうしようとドキドキでしたがなんとか間に合いました。

とびしま 板前おすすめ膳

とびしま ちょっとアップ


とびしま 舟盛り膳


ボリューム満点、しかも安い!お刺身の味は新鮮そのもの。
お腹いっぱいになりました。

お腹いっぱいになって次に向かったのは「土門拳写真記念館」
日本ではここしかない写真の美術館であり、
個人の写真記念館としては世界でも唯一なのだそう。
以前にも来たことがあったけれど、その頃はまだ写真を趣味に
しているわけではなかったので、今回は自分自身の作品への見方が
変わったかどうかも興味がありました。

土門


土門


写真記念館の脇には池があって、鯉がたくさん。
地元の方が食パンをあげていて、そこに鯉が群がってすごいことに。
その様子を眺めていたらその方に食パンいただいちゃいました。
他の家族連れの方にも渡していて、なんだか心がほっこり。
それにしてもすごい数の鯉でした。
それがすごい勢いで口をパクパクパクパク。
なかなかすごい光景でした。

記念館自体も素敵な建物で、ゆっくりと写真を見ていると
時間を忘れるような感覚に陥りそうです。
あらためて写真を見た感想はというと、以前は写真に写された対象物だけを
見ていたように思いますが、今回はその対象物を取るための背景をも
考えて見ることが出来たのではないかと思います。
なんて立派そうなことを言っていますが、専門的なことはさっぱりです。はい。

土門


土門 土門


池の周りを一周。
近くにはサッカーグラウンドや大学もあったりして
きれいに整備されています。
とても気持ちの良い場所でした。

土門


夕暮れに行ってみたい場所がありました。
松山にある「眺海の森」
以前、行ったことがあったのですが、庄内平野とそこを流れる最上川が
一望出来る場所です。
きっと夕暮れもきれいだろうと、足を伸ばしてみました。

眺海の森


ここには天体観測館もあり、私たちは以前太陽のフレアや黒点を
見せてもらいました。

眺海の森


眺海の森


美しい夕暮れから暗くなってくるまで
寒さに震えながらしばらく眺めていました。



Comments on this preview ○●    

●○ 2006/10/15 20:05
小生も9月に酒田に行きました。おっしゃる通り、どこまで行っても田圃田圃田圃・・・・ずっと先に鳥海山って、感じですが、それが新鮮ですね。何て言いますか、日本人のDNAを刺激するというか・・・。
一応仕事だったので、観光は殆どなしでしたが、海鮮どんや「とびしま」には行きました。残念ながら数量限定メニューは全て売り切れてましたが、確かに割安で、行列ができるのも納得ですね。
あと、地元の方に聞いたのですが、酒田はラーメン屋が多いので有名だそうで、宿泊したホテルのすぐそばにあった店で食べましたが、確かにおいしかったです。次に帰郷した際には是非!

●○ 2006/10/15 21:16
野良獅子さん、いらっしゃいませ。
9月に酒田にいらしたとは、奇遇なものですね。
どこまで行っても田園・・・まさにその通りですよね。
でもその分夜の道は月がない日には真っ暗なんですよ~。
そうそう、酒田はラーメン屋さんが多いんですよね。
しかも店名に「月」が付くお店が多いんです。
私が行ったことがあるのは「満月」というお店ですがワンタン麺が
人気だということでした。
そこも美味しかったですよ。










ブログ管理人にのみ表示を許可する


trackback
trackback_url
http://0happycomecome0.blog74.fc2.com/tb.php/95-957e2bbf

[TOP]
copyright (C) 2006 happycomecome all rights reserved. [ template by *mami ]
//
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。